/

この記事は会員限定です

国内組の意地、練習は2倍 自転車ロード・増田成幸㊤

[有料会員限定]

23日に開幕する東京五輪の全33競技の中でも、自転車ロードレース男子の過酷さはトップクラスだろう。東京・武蔵野の森公園から静岡県小山町の富士スピードウェイまで全長244㌔。道中には選手を振り落とす険しい上り坂が次々に現れ、累積でどれだけ上ったかを意味する「獲得標高」は4865㍍に達する。

「史上最難関」と評されるこのコースに挑む130人の多くは本場、欧州が拠点だ。2人が出場する日本勢のうちツール・...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り858文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン