/

ソフトボール日本が金メダル、米国破る 08年北京以来

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
胴上げされる宇津木監督

ソフトボール

東京五輪第5日の27日、ソフトボールの日本は決勝で米国を2-0で破り、前回競技が実施された2008年北京大会以来の金メダルに輝いた。日本は四回に渥美万奈(トヨタ自動車)の適時内野安打で先制し、五回に藤田倭(ビックカメラ高崎)の適時打で加点した。先発の上野由岐子(ビックカメラ高崎)が2安打無失点と好投。六回に先頭打者の出塁を許すと後藤希友(トヨタ自動車)を投入してピンチを防ぎ、七回に上野が再登板して無失点リレーで逃げ切った。

柔道

男子81キロ級決勝でモンゴル選手を破り、金メダルを獲得した永瀬㊨

柔道男子81キロ級は永瀬貴規(旭化成)が決勝戦の延長でモラエイ(モンゴル)から技ありを奪って優勢勝ちし、金メダルを獲得した。今大会の日本男子は初日から全4階級制覇となった。女子63キロ級の田代未来(コマツ)は2回戦で敗退した。

卓球

卓球シングルスの4回戦で、女子の第3シード伊藤美誠(スターツ)はスタシニ(タイ)を、第5シード石川佳純(全農)はポルカノワ(オーストリア)をともに4-0で下して準々決勝に進んだ。男子は第3シードの張本智和(木下グループ)がヨルギッチ(スロベニア)に3-4で、第12シードの丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス)はオフチャロフ(ドイツ)に1-4でそれぞれ屈し、敗退した。

サッカー女子

サッカー女子の1次リーグ最終戦でE組の日本はチリを1-0で下し、勝ち点4の同組3位で準々決勝進出を決めた。後半に田中がゴールを奪った。各組3位のうち成績上位の2チームに入り、4強を懸けてスウェーデンと戦う。

重量挙げ

重量挙げ女子59キロ級、ジャークで116キロに成功した安藤美希子(東京国際フォーラム)=共同

重量挙げ女子59キロ級で安藤美希子(FAコンサルティング)がトータル214キロをマークして銅メダルを獲得した。日本女子では2012年ロンドン五輪、16年リオデジャネイロ五輪で連続メダルを獲得した三宅宏実(いちご)に続く3大会連続の表彰台となった。スナッチで94キロ、得意のジャークで120キロを挙げた。

サーフィン

サーフィン男子決勝で波を攻める五十嵐カノア

新競技のサーフィンの男子で五十嵐カノア(木下グループ)が銀メダルを獲得した。準決勝でメジナ(ブラジル)に勝利したが、決勝でフェヘイラ(ブラジル)に敗れ、惜しくも初代王者は逃した。女子の都筑有夢路は銅メダルを獲得。準決勝でムーア(米国)に競り負けたが、3位決定戦でマークス(米国)を破った。

体操

体操の女子団体総合決勝で村上茉愛(日体ク)、畠田瞳(セントラルスポーツ)、平岩優奈(戸田スポーツク)、杉原愛子(武庫川女大)の日本は4種目合計163.280点の5位で、1964年東京五輪3位以来のメダル獲得はならなかった。

テニス

テニス女子シングルス3回戦でチェコ選手と対戦する大坂なおみ

テニス女子シングルスでは世界ランキング2位の大坂なおみ(日清食品)が3回戦で同42位のマルケタ・ボンドロウソバ(チェコ)に1-6、4-6で敗れる波乱となった。男子シングルスで、前回大会銅メダルの錦織圭(日清食品)はギロン(米国)に勝ち、3回戦へ進出した。

ハンドボール

ハンドボール女子1次リーグのモンテネグロ戦で日本の佐々木がシュートを放つ=共同

ハンドボール女子1次リーグA組の日本は29-26でモンテネグロに競り勝ち1勝1敗とした。五輪での勝利は前回出場した1976年モントリオール大会以来、45年ぶり。

バスケットボール

バスケットボール女子1次リーグB組の日本はフランスを74-70で下して白星発進した。

競泳

競泳の女子200メートル個人メドレー準決勝で、400メートルとの2冠に挑む大橋悠依(イトマン東進)は全体5位で決勝に進出した。寺村美穂(セントラルスポーツ)は15位で落選。男子200メートルバタフライ準決勝で本多灯(アリーナつきみ野SC)も8位で決勝に進んだが、2019年世界選手権銀メダルの瀬戸大也(TEAM DAIYA)は11位で敗退した。

トライアスロン

トライアスロン女子で高橋侑子(富士通)が2時間1分18秒で18位だった。岸本新菜(福井県スポーツ協会・稲毛インター)は途中棄権。ダフィー(バミューダ)が優勝した。

ラグビー7人制

ラグビー7人制男子で1次リーグB組の日本はカナダに12-36で敗れて3戦全敗の同組4位となり、準々決勝進出を逃した。

バドミントン

バドミントンの1次リーグで、ダブルスの女子は第1シードでA組の福島由紀、広田彩花組(丸杉Bluvic)がインドネシアのペアに1-2で敗れ、2勝1敗で同組2位通過となった。男子でC組の園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)も中国ペアにストレート負けし、2勝1敗で2位通過。

Tokyo Olympics and Paralympics 特設サイトへ

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン