/

23年ラグビーW杯仏大会、日本の初戦は9月10日

ラグビーW杯フランス大会で、日本代表の初戦の対戦相手と場所が決まったことを伝えるオンライン画面=共同

ラグビーの2023年ワールドカップ(W杯)フランス大会の日程と会場が26日、発表され、日本代表は9月10日の初戦で米大陸予選第2代表とトゥールーズで対戦することが決まった。各試合の間に最低でも中6日の休養日を確保できるなど、比較的余裕のある日程となった。

1次リーグD組の日本は9月17日に前回大会準優勝のイングランドとニースで対戦。28日にオセアニア予選勝者とトゥールーズで戦い、10月8日にナントでアルゼンチンとの最終戦に臨む。19年日本大会で初の8強に進んだ日本は8強以上を目指す。

最低でも中6日の休養日を確保できるなど、日本代表にとっては比較的余裕のある日程となった=共同

15年W杯の日本は中3日で臨んだスコットランド戦で敗れ、決勝トーナメント進出を逃した。今回は十分な調整期間のもと各試合に臨めそうだ。日本代表の藤井雄一郎ナショナルチームディレクターは「日本は特に休養と戦略の落とし込みが大事なチーム」と前向きに受け止めた。第2戦の相手が最も格上のチーム、最終戦が1次リーグ突破をかけた大一番になりそうという対戦順は19年大会と同じ。「前回同様の調整の仕方でいいと思うのでコーチ陣はやりやすいのではないか」と話した。

ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチは試合会場を歓迎。「最初の3試合を南仏で戦うことになったことは(17年にも同地域で試合をして)街にも精通している私たちに好材料」とコメントした。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン