/

この記事は会員限定です

パラ競泳・山田、成長止まらぬ14歳

東京パラ 初舞台に挑む㊥

[有料会員限定]

2020年11月に開かれたパラ競泳の秋季記録会。新型コロナウイルスの影響もあり約10カ月ぶりに行われた公認大会で、彗星(すいせい)のごとく現れたスイマーがいる。14歳の中学生、山田美幸(WS新潟)だ。

「自分でも実感が湧かない」。女子100㍍背泳ぎ(運動機能障害S2)で自己ベストを出した後、興奮気味にこんな言葉を発したのは、マークした記録が19年の世界選手権で銀メダル相当のものだったからだ。日本代...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り835文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン