/

この記事は会員限定です

アスリートの心に学ぶ 津田塾大プロジェクト代表

五輪を語る 津田塾大3年、前田美樹さん

[有料会員限定]

私が学ぶ津田塾大学千駄ケ谷キャンパスは国立競技場から歩いてすぐの場所だ。東京五輪をきっかけに地域に貢献する「梅五輪プロジェクト」という活動をしている。これまで訪日客に電車内のマナーを守ってもらうため、マナー啓発の英語パンフレット作成などをしてきた。

ただ新型コロナウイルス禍で状況は一変した。海外からの観戦客がなくなり、直接の「おもてなし」や文化交流はできなくなった。友人からは「五輪が中止になったら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り513文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン