/

この記事は会員限定です

緊急事態宣言下での大会開催、無観客でも収穫や発見

[有料会員限定]

2015年に始めた「KOSUKE KITAJIMA CUP」を今年初めて、東京都水泳協会会長として迎えた。昨夏から新型コロナウイルス禍でも地道に大会を開き続けてきたおかげで、緊急事態宣言下でも無事全日程を消化。無観客開催となったが、選手も前向きで収穫は多かった。

都水協のガイドラインはエントリー数上限を1200人に設定し、1度に会場に入れる人数を競技役員を含め1000人に抑えた。会場の辰巳国際水泳...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り903文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン