/

この記事は会員限定です

五輪サッカー男子、本番仕様へ 頼もしきオーバーエージ

[有料会員限定]

東京五輪に臨むサッカー男子代表の大枠がみえてきた。原則24歳以下(U-24)のチームに3人まで加えられる年齢制限のないオーバーエージ(OA)には、吉田麻也(サンプドリア、32)、遠藤航(シュツットガルト、28)、マルセイユを退団した酒井宏樹(31)が内定。今月下旬には登録メンバー18人が決まり、メダルへの挑戦にこぎ出す。

吉田が冨安健洋(ボローニャ、22)とセンターバックでコンビを組み、ドイツ1部...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1178文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン