/

この記事は会員限定です

バド専用体育館を提供 ヒューリックの宮山さん

パラ競技を支える

[有料会員限定]

パラスポーツにとって練習場の確保は避けては通れない問題だった。専用の練習場があれば代表の強化もはかどるが、現実はなかなか厳しかった。その中で東京大会でパラリンピックに新競技として加わったパラバドミントンは早くにその悩みから解放されていた。世界ランキング1位、女子シングルス(車いすWH1)の里見紗李奈(NTT都市開発)ら代表選手の多くは日本障がい者バドミントン連盟が所有する専用体育館で研さんを積んで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1048文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン