/

この記事は会員限定です

ラグビー協会が中長期計画 「事業規模を300億円に」

[有料会員限定]

日本ラグビー協会は26日、世界一のラグビー協会を目指して組織体制を整備するなどの目標を盛り込んだ2024年までの中期計画を発表した。日本代表については2050年までにワールドカップ(W杯)を再招致して優勝するという長期目標に向け、強豪国とのマッチメークや新しい国際大会の招致などを掲げた。

日本代表は19年のW杯日本大会で初の8強に入った。日本協会の岩渕健輔専務理事は「ベスト4や優勝へ進むにはそのた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り327文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン