/

「最低でも金」田村亮子、悲願の金 2000年シドニー五輪 

シドニー五輪は大会二日目の十六日、本格的に競技が始まり、柔道で女子48キロ級の田村亮子(トヨタ自動車)が金メダルを獲得した。

2大会続けて夢を断たれてきた「YAWARAちゃん」に、ついに歓喜の瞬間が訪れた。2000年シドニー五輪。ブロレトワ(ロシア)との決勝戦の畳に上がった柔道女子48㌔級の田村亮子は、開始36秒、一瞬の隙をついて内股を跳ね上げた。瞬く間に一本を奪うと跳びはねながらガッツポーズし、顔をくしゃくしゃにして涙を流した。

99年大会まで世界選手権4連覇を遂げていた田村も、五輪の頂点とはここまで無縁。16歳で挑んだ92年バルセロナ大会での銀メダル以降、無敗で臨んだ96年アトランタ大会も未知の伏兵ケー・スンヒ(北朝鮮)に敗れ、決勝で涙をのんだ。

「最高で金、最低でも金」と自らにプレッシャーをかけた3度目でついに雪辱。「初恋の人に巡り合えた気持ち」との弁も話題になった。結婚して間もない04年アテネ大会は谷亮子として連覇。出産して臨んだ08年北京大会は銅と、日本選手史上最多となる5大会連続メダルのすべてがドラマ仕立てのヒロインだった。

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン