/

五輪選手団へのワクチン、6月1日から本格接種 JOC

日本オリンピック委員会(JOC)は26日、東京五輪・パラリンピックに参加する各国・地域の選手団に無償提供される新型コロナウイルスワクチンについて、6月1日から五輪の日本選手団などへの接種を本格的に始めると明らかにした。約600人の代表選手や代表入りが見込まれる候補選手のほか、選手団と頻繁に接触する監督・コーチや練習パートナー、JOCの一部職員などが対象で、全体で約1600人の接種を見込む。

接種は義務にせず、選手らの判断を尊重する。東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)で集中的に実施し、自治体での一般の接種態勢に影響を及ぼさないよう各競技団体のチームドクターらが中心となって接種を担当。海外遠征などで都合がつかない場合には5月末に一部前倒しされる可能性があるという。7月23日の五輪開幕までに基本的には全対象者が2回の接種を終えられる見込みとしている。

国際オリンピック委員会(IOC)は5月上旬、日本政府が確保したワクチンとは別枠で東京大会に参加する各国・地域の選手団に米製薬大手ファイザー社製のワクチンを無償提供すると発表。JOCが各競技団体の希望を聞きながら接種時期などを調整していた。

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン