/

この記事は会員限定です

ヤクルト10年ぶり8連勝 村上・山田が本塁打そろい踏み

[有料会員限定]

わずか1安打に抑えられた前日が嘘のように、首位ヤクルトは次々と得点を重ねた。今季最多の16点をあげた打線をけん引したのは、東京五輪でも金メダル獲得に貢献した主軸2人だ。

まずは4番の村上。初回2死一塁で初球のシュートを完璧に捉えた。右翼席への2ランで今季100打点に到達。21歳での達成は巨人・岡本和を抜く最年少記録となり「チャンスで打てている実感が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り167文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン