/

この記事は会員限定です

ヤクルト村上、まさに千両役者 決勝3ランで乱戦にケリ

[有料会員限定]

まさに千両役者と言うべきか。同点の八回1死一、三塁、ヤクルト・村上が打席に立つ。主砲にとって絶好の舞台とはいえ、ものの見事にファンの期待通りの結果を出すのだから恐れ入る。変化球をバットの芯で捉え、バックスクリーンへ飛び込む決勝3ラン。苦笑いを浮かべる巨人・原監督の姿が、22歳の存在感を物語っていた。

「しょうもないエラーをしてしまった。なんとか取り返したい思いだった」と村上。初回、相手の先頭打者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り449文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン