/

この記事は会員限定です

高梨、ハイレベルなジャンプも着地に乱れ 悔しい「銅」 

[有料会員限定]

「何とも言えない気持ちで今はいっぱい」と開口一番、高梨が声を絞り出した。2本とも優勝に匹敵するようなハイレベルなジャンプを披露しながら飛距離に換算すると合計で1.5メートルほど及ばず3位。手応えに釣り合わぬメダルの色に表情は浮かなかった。

1回目、不利な追い風のなかクラマー(オーストリア)がジャンプ台記録を更新する109メートルを飛んだ。直後に飛んだ高梨もひるまない。海外勢の力強い飛躍に対し、流れ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り441文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン