/

この記事は会員限定です

東京五輪後は部活動改革 スポーツ環境の充実左右

編集委員 北川和徳

[有料会員限定]

スポーツ庁の幹部と雑談していたら、スポーツ指導の現場で起こる体罰や暴力が話題になった。なぜなくならないのか。「中学や高校の部活動の指導が、教師のほぼ無償の献身であることも理由の一つではないか」

どういうことだろう。学校の部活動は正規の教育課程外の活動とされる。公立の中高校は普通は教師が顧問となって指導するが、正式な業務ではなく、全員が受け持つわけではない。だが、顧問となれば責任が発生し、勤務時間も...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り961文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン