/

この記事は会員限定です

スポーツ界、女性役員拡大 JOCやラグビーで理事4割

[有料会員限定]

東京五輪・パラリンピック開幕を控えるスポーツ界で、女性の役員登用が前進している。6月末までに役員改選期を迎えた競技団体では、理事会に占める女性割合が40%に達した日本オリンピック委員会(JOC)や日本ラグビー協会を筆頭に平均25%を超えた。スポーツ庁が定める競技団体の運営指針「ガバナンスコード」では40%の早期達成を求めており、今後も女性の幹部育成や社会の後押しが欠かせない。

JOCや国内競技団体...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1199文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン