/

この記事は会員限定です

スケボー絶対王者ヒューストン7位 重圧に泣く

[有料会員限定]

スケートボード界を代表する絶対王者に五輪の女神はほほ笑んでくれなかった。25日に行われたストリート男子決勝でまさかの7位に沈んだナイジャ・ヒューストン(米国)は「私だって人間。毎回勝てるわけではない」。ライバルの堀米雄斗(XFLAG)の戴冠を祝福しつつ、素直に負けを認めた。

45秒間を目いっぱい使って高難度の技を詰め込んだランは2回目に9.11点。一発技で競うベストトリックも1回目に9点台を出し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り580文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン