/

ワクチン2万人分を無償提供へ 五輪選手・大会関係者に

(更新)

丸川珠代五輪相は25日、閣議後の記者会見で、東京五輪・パラリンピックについて、米製薬大手ファイザー社製の新型コロナウイルスワクチンが日本選手団だけでなく、一部ボランティアや審判など選手に接する大会関係者にも無償提供される見通しとなったことを明らかにした。選手団分も含め約2万人分が用意されるとしている。

丸川氏によると、日本選手団へのワクチン接種は6月上旬に東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)などで始まる見通し。

日本側はワクチンを前提としない大会の準備を進めてきたが、国際オリンピック委員会(IOC)は5月上旬、日本政府が確保したワクチンとは別枠で参加する各国・地域の選手団にファイザー社製のワクチンを無償提供すると発表。大会関係者もこの無償提供の枠に加わることとなった。

丸川氏は海外選手らと頻繁に接触がある大会関係者を念頭に「ボランティアでも誘導や通訳などにあたる方だけを想定している」と言及した。

また米国務省が日本への渡航警戒レベルを4に引き上げ、渡航中止勧告を出したことについて「必要な場合の渡航まで禁止されているわけではない」との認識を示した。そのうえで、米オリンピック・パラリンピック委員会が米国代表の出場に影響はないとの声明を出したことを挙げ、「(東京大会への影響は)今のところ見込まれることはない」と述べた。

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン