/

この記事は会員限定です

体操男子団体、26日決勝 若きエース橋本が連覇へけん引

[有料会員限定]

体操男子は26日午後7時から有明体操競技場で団体総合決勝を行い、予選を首位通過した日本はリオデジャネイロ大会に続く2連覇に挑む。2019年の世界選手権をロシアとして制したROC、2位の中国を日本が追いかけるという力関係は完全に崩れ、どこが勝ってもおかしくない大混戦。そんな日本の急速な追い上げの立役者が、19歳の橋本大輝(順大)だ。

日本が予選1位となったのはアテネ大会以来17年ぶり。スコアは決勝に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り806文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン