/

この記事は会員限定です

大橋ボクシングジム・大橋秀行会長 負けてからが勝負

私のリーダー論(上)

[有料会員限定]

ボクシング界のスター、井上尚弥選手を世に送り出した大橋ボクシングジム。1994年に横浜でジムを興した大橋秀行会長(56)は、これまで世界王者4人を含む多くの好選手を育ててきた。試合のマッチメークは強気で、ファンが見たいカードを提供する敏腕プロモーターでもある。その原動力は「負けてからが勝負」という選手時代からの信念。常に今を楽しむ前向きなリーダーとして、ボクシング界を盛り上げている。

――いつも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2520文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経営哲学やマネジメント手法を第一線の経営者に聞き、リーダーのあり方を学び探るコラム「私のリーダー論」の記事サイトです。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン