/

名柔道家との別れに悲しみ広がる 古賀稔彦さん死去

(更新)

1992年バルセロナ五輪柔道男子金メダリストの古賀稔彦さんが24日、がんのため53歳で死去した。名柔道家の突然の訃報に、柔道界を中心に悲しみが広がった。

 1992年バルセロナ五輪の柔道男子71キロ級で優勝し、吉田秀彦さん(右)に抱きついて号泣する古賀稔彦さん=共同

吉田秀彦氏(1992年バルセロナ五輪男子78キロ級王者で、パーク24監督) まだ信じられない気持ちでいっぱい。バルセロナ五輪では、古賀先輩が優勝した瞬間、私が金メダルを取ったとき以上の喜びを感じた。2人で勝ち取った金メダルは一生の宝です。

谷亮子さん(柔道女子48キロ級で2000年大会から五輪2連覇) 突然の訃報に際し、もうお会いできないと思うと悲しすぎる。最も尊敬する柔道家であり、常に柔道界に新しい風を吹かせてくれた方。「平成の三四郎」古賀先輩の優しい笑顔と迫力のある柔道は輝き続けています。

大野将平選手(東京五輪柔道男子73キロ級代表) 古賀先輩は講道学舎の大先輩であり、柔道界の歴史をつくっていただいた。「柔よく剛を制する」という言葉を一番体現したと思う。同じ階級の選手として「三四郎」と呼ばれる柔道家を目指す決心をし、東京五輪、全日本選手権に挑戦していく。

井上康生氏(柔道男子日本代表監督) 古賀さんは素晴らしい柔道センスに加え、スピードとパワーに裏打ちされた抜群のひらめきがあった。普段はさわやかな笑顔で明るく声を掛けてくれた。非常に早すぎる死で、柔道界にとっても本当に残念だ。

浦沢直樹さん(柔道漫画の作者) 古賀稔彦さんの柔道がなければ「YAWARA!」はありえませんでした。あんな見事な一本背負いを漫画でも表現してみたい。でもあの本物の迫力はなかなか出ませんでした。

(共同)

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン