/

この記事は会員限定です

代表輩出へ有望株鍛える 水泳指導者・下山好充㊦

[有料会員限定]

「短期(2年)で全国大会で入賞、中期(4年)で日本学生選手権(インカレ)シード校入り・全国大会で表彰台、長期(10年)で日本代表選手輩出」。新潟医療福祉大水泳部監督に就任した2005年、下山好充(49)はこんな目標を掲げた。「筑波大にいた時に(インカレを目指す)大学生を担当していたのでこだわりがあって。シードに入って、いずれは日本代表選手を出したいと思っていた」

だが、現実は厳しかった。短期の目標...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り811文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン