/

この記事は会員限定です

競泳、求む「気概ある選手」 パリ五輪へ陣容強化めざす

競泳ニッポンの潜在力(4)

[有料会員限定]

今年6月にブダペストで開催された競泳の世界選手権。東京五輪後、初めての主要国際大会に臨むにあたり日本代表チームは「『金』を含む複数メダル獲得」「決勝進出率60%」「自己ベスト更新率30%」という3つの目標を立てていた。

これらは2024年パリ五輪に向けた目標でもあるが、ブダペストではいずれも未達に終わった。日本水泳連盟の競泳委員長でチームの監督を務めた梅原孝之は帰国後、「ちょっと力不足だったな、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1967文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン