/

この記事は会員限定です

パリ五輪で世界に挑む マラソン男子・鈴木健吾㊦

[有料会員限定]

社会人1年目は鈴木健吾(26)にとって苦しい日々だった。富士通に入社する直前の2018年2月に初出場した東京マラソンのダメージが尾を引き、股関節と膝を故障。大腿骨も疲労骨折した。「大学で終わっていれば良かったと思うこともあった」。神奈川大での活躍から暗転、マイナス思考に陥った。

気持ちをつなぎ留めることができたのは、19年9月の東京五輪選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」の存在...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り864文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン