/

五輪王者の橋本2連覇 神本2位、全日本体操

体操の世界選手権(10~11月・英リバプール)などの代表選考会を兼ねた個人総合の全日本選手権最終日は24日、東京体育館で男子決勝が行われ、東京五輪王者の橋本大輝(順大)が合計174.161点で2連覇した。予選の得点を持ち点に争われ、鉄棒で1位の15.433点を出すなど予選からの首位を守った。

予選2位で通過した2019年世界選手権代表の神本雄也(コナミスポーツ)が171.263点で2位、土井陵輔(日体大)が170.197点で3位。東京五輪団体総合銀メダルメンバーは萱和磨が5位、谷川航(以上セントラルスポーツ)が7位、北園丈琉(徳洲会)が10位だった。

世界選手権代表は5人で、橋本が五輪金メダルの実績で既に決定。男子は全日本の得点が持ち点となる5月のNHK杯で橋本を除く上位2人が選ばれ、6月の全日本種目別選手権の結果も踏まえて残り2人を決定する。

今大会は技の難度を示すDスコア(演技価値点)が6種目合計で一定の基準を超えた場合に加点される特別ルールが適用された。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン