/

この記事は会員限定です

日本、後半に攻撃的3バックで劇的変貌 W杯ドイツ戦

[有料会員限定]

日本の反転攻勢は、後半の攻撃的3バックへのシステム変更から始まった。

最初のテコ入れは、負傷明けのため先発出場が見送られたDF冨安健洋(アーセナル)を久保建英(レアル・ソシエダード)に代えて後半早々から最終ラインに投入したこと。一見して守り手の増員だが、これによって右サイドバック(SB)の酒井宏樹(浦和)がウイングバック(WB)に、右MFの伊東純也(スタッド・ランス)が右のFWに、それぞれところ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り739文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

サッカーワールドカップ

2022サッカーワールドカップカタール大会のニュースやコラムをまとめました。日本代表の次戦は11月27日、コスタリカ戦です。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン