/

沢村拓一、メジャー2年目好調の理由は準備と心にあり

スポーツライター 杉浦大介

「自分がコントロールできるのはボールを離すまで。『ボールが離れてからの結果は知らねえよ』っていうくらいの気持ちでいます。アウトコースにきっちり投げても打たれる世界なんだから、それくらいの気持ちで投げたい」

落ち着いた表情でそんなきっぷのいいことを語る沢村拓一の姿からは、メジャー2年目の成熟と充実が感じられた。34歳の右腕に必要以上の高ぶりは感じられない。こういった姿勢が、今季の沢村の安定感につながっているのだろう。

昨季を上回る成績、名門のリリーフ陣で存在感

今季もボストン・レッドソックスに所属する沢村は22日現在、35試合に投げて防御率2.48。特に5月30日以降の17試合では防御率1.69(21回1/3で12安打、自責点4、9四球、15三振)、被打率.160という好成績を残し、ブルペンの一角として堅実に活躍してきた。

一般的に球種の少ないことが多いリリーフ投手は、相手に慣れられると厳しくなるもの。沢村の場合、逆に2年目に数字が向上している。特に所属しているのは前半戦終了時、全5チームが勝率5割以上だったハイレベルのア・リーグ東地区。その中でもまれながら、これだけの投球を続けていることは称賛に値する。

レッドソックスのアレックス・コーラ監督も7月中旬、「昨季よりもストライクゾーンをアタック(攻めることが)できている」と沢村の働きを笑顔でたたえていた。実際に今季の与四球率は10.1%(148打者に対して15四球)であり、昨季の13.7%(233打者に対して32四球)から大きく向上している。メジャーの世界でもひけを取らない球速、球威を武器に、ゾーンの中で勝負できていることが好成績の要因に違いない。

「自分でコントロールできることに集中」

ただ、沢村自身に〝2年目の成功〟について聞いても、ほとんど取り合おうとしない。確かに結果はいいが、「数字と投球の出来は必ずしも比例するものではない」。それよりも、大事にしているのは「自身でコントロールできることをやること」であり、具体的にはマウンドに立つまでの準備なのだという。

「(前半戦で大事なのは)ケガをしなかったこと。負傷者リストに入らずに、ずっと投げ続けられるように準備ができている。これは唯一、自分の中で評価したいと思います。成績に関しては、良い場面で投げる、勝っている場面で投げる、負けている場面で投げるとか、自分でコントロールできないことだから」

実際に少なからず運にも左右される野球というスポーツにおいて、結果は常に思い通りになるわけではない。それと同時に、起用法も選手にコントロール仕切れるものではない。今季の沢村は様々な形で起用され、リードされた場面での登板も少なくない。22日のブルージェイズ戦ではなんと5-27と大量リードされた状況でもマウンドに立つなど、チームのためにイニングを稼ぐのが目的の登板機会もあった。モチベーションを高めるのが難しいこともあるだろうが、それでもプロらしく、黙々と実績を積み重ねてきた。

「いいときはもちろんそうなんですけど、悪かったときにどういう自分でいられるかっていうのがものすごく大事。それは日常生活だったり、人に接する時とかに出てくると思うので、そういうのはすごく意識しています」

昨季中には新型コロナウイルスに感染して離脱し、プレーオフでは地区シリーズでロースター落ちも味わった。今季も5月下旬、チーム事情がゆえにマイナー行きといった試練も経験してきた。それらの試練を乗り越え、レッドソックスという伝統チームで貢献の術を見つけてきた今の沢村の言葉には説得力がある。

97~98マイル(156~157キロ)の速球で押しまくるだけでなく、精神的な成長も感じさせるようになった剛球右腕。メジャーで生き残るために必要な心身の安定感を手にした沢村が、今後もどんな爪痕を残していくかが楽しみだ。

スポーツトップ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン