/

この記事は会員限定です

日本女子オープンの重さ 試されるショットの精度

プロゴルファー 平瀬真由美

[有料会員限定]

高校1年で初めてプロの試合に出たのが、1985年の日本女子オープン(千葉・袖ケ浦CC、36位)だった。日本ゴルフ協会(JGA)のナショナルチームで育ったこともあり、JGA主催の伝統ある大会への思い入れはかなり強い。

米ツアーで賞金女王に輝いた岡本綾子さんが、93年に初制覇したときは涙を流して喜んでいた。私もずっと勝ちたいと思いながら、90年の5位が最高で、かなわぬ夢に終わった。優勝者だけが参加でき...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り895文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン