/

この記事は会員限定です

競歩新種目「35キロ」の地平切り開く 強い連帯意識力に

競歩大国 誕生の軌跡(4)

[有料会員限定]

2021年の東京五輪ではスケートボードやスポーツクライミング、サーフィンが初めて採用された。ファッションと同じくスポーツの世界にもはやりすたりがあり、国際オリンピック委員会(IOC)は五輪の持続的な運営へ、若者の支持が高い競技の取り込みを重視する。

世界陸上競技連盟が21年限りで50キロ競歩を廃止したのも、そうした時流と無関係ではない。東京五輪男子で金メダルを取ったポーランド選手の記録は3時間5...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2028文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン