/

田中将の日本第2章、開幕 熟練した投球術に注目

挑む、羽ばたく 2021年プロ野球㊦

2月のキャンプイン直前に飛び込んできたビッグニュースは全国の野球ファンを驚かせた。ヤンキースで7年を過ごした大リーガー・田中将の楽天復帰は今季最大のトピックだ。東日本大震災から10年という節目でのエースの帰還は、運命的な巡り合わせをも感じさせる。

楽天に復帰した田中将の投球は今季最大の注目を集める=共同

3試合で防御率2.25だったオープン戦では着実にステップを踏んだ。日本のマウンドへの適応に始まり、変化球の精度向上に打者の反応のチェック。最終登板となった20日の巨人戦では僅か89球で7回1失点ともくろみ通りに仕上げてきた。「配球を試した部分もあった。やれる準備はやれたので、シーズンで生かしたい」

「熱投」の記憶を残す渡米前の投球スタイルはスマートにイメージチェンジした。三振を取れる球威と鋭い変化球を持ちながら、小さな変化球で芯を外し、省エネでアウトを重ねることもできる。厳しい球数制限に短い登板間隔という条件の下、僅かなミスが命取りになるメジャーの猛者を相手に磨いた投球術は一見の価値がある。

年会費180万円の個人ファンクラブは瞬く間に完売したという。旬の大リーガーの日本復帰はチームの枠を越えて球界に刺激と恩恵をもたらすだろう。日本第2章の幕開けは27日。日本通算100勝目を懸けて開幕2戦目に先発する。

37歳を迎えてもオリックス・平野佳の力で押す投球は健在だ=共同

入団記者会見で「(田中将の)ついでに帰ってきたねと思ってもらえれば」と話したのは米球界から4季ぶりにオリックスに戻った平野佳。37歳ながらパワーピッチャーぶりは健在だ。オープン戦では1イニングずつ5試合に登板し、4試合で無失点と好結果を出した。

平野佳の渡米後、ストッパーが安定感を欠いたチームには大きな補強となる。オープン戦では24歳の漆原も好投を続けた。厚みを増したブルペンが、山本、山岡、田嶋ら充実した顔ぶれの先発陣を支える。

日本シリーズ4連覇中の常勝軍団から2年連続の最下位チームへ――。現役最多の2171安打を放ってきた内川(ヤクルト)は11年ぶりのセ・リーグで復活を期す。プロ20年目の昨季はソフトバンク2軍で打率3割2分7厘の成績を残しながら、一度も1軍に呼ばれなかった。「チャンスをもらえず、野球を辞める決心がつかなかった」

現役最多の安打数を誇る内川は、移籍先のヤクルトで「もう一花咲かせたい」と進退をかける=共同

出場機会を求めて行き着いたのは横浜(現DeNA)時代の恩師・杉村打撃コーチがいるヤクルト。「プロ野球選手として最後の道。もう一花咲かせられるように頑張りたい」と進退を懸ける。

新型コロナウイルスの影響で中軸候補の外国人2人が来日できない中、オープン戦で打率3割1分と健在ぶりを示した。渇望した出場機会は「5番・一塁」の大役が濃厚だ。

内川は「プロに入った時の気持ちを思い出す感覚がある」と話す。今月中旬、古巣ソフトバンクとのオープン戦の試合後には数人の若手とともにグラウンドに残り、延々と打ち続けた。まずは残り55本に迫る両リーグでの1000安打をクリアしたい。

(吉野浩一郎)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン