/

この記事は会員限定です

コロナ下の東京オリパラ 開催する意義・役割は何か

「オリパラを考える」まとめ読み

[有料会員限定]

史上初めて延期となった2020年東京五輪・パラリンピック。21年夏に大会を開催する意義は何なのか、新型コロナとどう向き合うべきなのか。企画「オリパラを考える」ではアスリートだけでなく、芸術家や企業経営者ら、様々な立場から意見を聞いている。20年8月から12月までに掲載した記事をまとめた。

フェンシング会長・太田雄貴さん「開催の希望が力に」
新型コロナウイルスの感染者が増え続けるなかで、東京五輪・パラリンピックの開幕まで1年を切った。この状況で「五輪をやりたい」という声を上げづらい雰囲気があるのは事実だろう。一方で、いま中止の判断を急いだところで感染者が減るわけでもない。ならば開催のためにありったけの知恵と努力を振り絞るべきだ、というのが僕の考えだ。(2020年8月14日)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り635文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン