/

この記事は会員限定です

光った森保采配 勝負師ぶり発揮で戦前の低評価覆す

[有料会員限定]

サッカー日本代表は23日、ワールドカップ(W杯)カタール大会の1次リーグ初戦でドイツに2-1で勝ち、白星スタートを切った。W杯優勝国に先制されながら逆転するという、これまでにない勝ちっぷり。後半に大きく局面を打開した森保一監督の采配が光った。

日本代表監督に就任してからの4年間、「パッとしない監督」を装っていたのか、それともここぞで振り抜く伝家の宝刀をわざと隠し持っていたのか。そう勘繰りたくなる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1315文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

サッカーワールドカップでは、スターたちが熱戦を繰り広げます。試合で何が起こったか、そして何が勝利に結びついたか。日本戦以外も見所がたくさん!日本経済新聞の記者が現地から発信します。

■サッカーワールドカップコラム一覧はこちら

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン