/

日本がドイツに歴史的白星 W杯、修正力で劇的逆転

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
【ドーハ=岸名章友】サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会第4日は23日、ドーハなどで1次リーグの初戦が行われ、E組で世界ランキング24位の日本が2-1で同11位のドイツを破った。前半、PKで先制を許したものの、後半に途中出場の堂安律(フライブルク)と浅野拓磨(ボーフム)のゴールで逆転した。

奇跡達成までの追加タイム7分間が、しびれるほど長く感じられた。日本のベンチから、選手たちが雪崩のようにかけこんできた。

死に体だった前半とは全く別の顔をした森保ジャパンが現れた。後半冒頭、冨安を入れて3バックに。後ろで数的優位をつくり、ボールを保持して一息付ける時間をつくる。「マンツーマン気味に守ることができ、前のプレスもはまり、かなりアグレッシブにやれた」と遠藤。ドイツの中盤に隙が出来る。日本の反撃が始まった。

たたみ掛けるように森保監督が切り札を抜く。57分に三笘と浅野を同時に投入。71分には堂安を送り出し、その4分後には南野も投じて攻撃をブーストする。予想もしない日本の変化に、ドイツのうろたえる声が聞こえてくるようだった。

75分、左でボールを受けた三笘がカットインでDFを引き付けて南野を走らせる。折り返しに突っ込んだ浅野が潰れ役になり、裏から詰めてきた堂安が同点弾をたたきこんだ。試合という生き物の奔流に、W杯優勝4度のドイツがのまれていく。自陣のFKで板倉が機転を利かせて前方に送る。そのパスを自分のものにした浅野の、大型DFもGKノイアーもものともしない突進が、歓喜の逆転ゴールとして結実した。

前半の日本は自陣にへばりつかされ、ギリギリでしのいでいただけともいえた。0-0で折り返せれば御の字だったが、PKによる失点でその筋書きは泡と消えた。

その現実に屈しなかった。そこからの変わり身、あらゆる手を尽くして状況をひっくり返えそうとした森保監督の采配は、最後まで諦めないと言ったら諦めないのだというこの人の執念さえ感じさせた。真面目一徹が打った勝負手をたたえるほかない。

「自分たちの良さを発揮する、チームを勝たせることを選手がやってくれた」と森保監督。途中出場の選手はサブでなく、試合を決めるフィニッシャー。総力戦のシナリオをW杯で演じきったイレブンに、優勝国撃破というこれ以上ないドラマが待っていた。

2022 World Cup Qatar
スポーツトップ

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

サッカーワールドカップでは、スターたちが熱戦を繰り広げます。試合で何が起こったか、そして何が勝利に結びついたか。日本戦以外も見所がたくさん!日本経済新聞の記者が現地から発信します。

■サッカーワールドカップコラム一覧はこちら

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン