/

この記事は会員限定です

池江、復帰後初の100自は4位 「泳げてうれしい」

競泳・北島康介杯

[有料会員限定]

レース後、1位の酒井が握手を求めてくると、緊張を身にまとっていた池江の表情が緩んだ。「だいぶ悔しかったが、100㍍自由形を泳げてうれしい」。復帰後初めての100㍍は表彰台まで0秒40差の4位。3年前に同じ大会で出した日本記録(52秒79)には及ばなかったが、順調な復調ぶりを感じさせた。

5カ月前の復帰レースでは細さが目立った腕には筋肉が浮き上がり、本来の肩の広さが目立つように。決勝は、スローテンポ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り345文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン