/

桂川2位で全英切符 ゴルフSMBCシンガポールオープン

SMBCシンガポールオープン(23日・セントーサGCセラポン=7403ヤード、パー71)

最終ラウンドが行われ、首位タイから出たサドム・ケーオカンジャナ(タイ)が69で通算13アンダー、271としてアジアツアー2勝目を挙げ、優勝賞金22万5000㌦を獲得した。3打差の2位にこの日ノーボギー、3バーディーで回った桂川有人とキム・ジュヒョン(韓国)が並び、さらに1打差で4位のシファン・キム(米国)までの4人が7月のメジャー、全英オープンの出場権を獲得した。

日本勢は小林伸太郎が通算5アンダーの9位、同2アンダーの23位に岡田絃希と竹安俊也が入った。招待選手のポール・ケーシー(英国)はこの日ベストスコアの66で同3アンダー、16位として大会を終えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン