/

この記事は会員限定です

川崎、鹿島に逆転勝ち 宮城が終了間際の逆転弾

[有料会員限定]

「(それまで)何もできなかったので、とりあえずシュートを打とうという感覚で打ったら、たまたま入っちゃった」

67分に登場し、後半追加タイムに逆転のミドルシュートを決めた川崎・宮城が言った。宮城一人のプレーにとどまらず、チームの戦評にそのまま使えそうな感想だった。対人に強い鹿島のハイプレスに苦しみながら2本のシュートが芯を食い、気がついたらKO勝ちしていた、そんな試合。

83分に決まった山村の同点弾...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り275文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン