/

この記事は会員限定です

新潟から競泳界に旋風 水泳指導者・下山好充㊤

[有料会員限定]

試合会場の中央でひときわ目立つ、オレンジのユニホームをまとった選手たち。近年、競泳界で旋風を巻き起こしている地域発の大学チームがある。創部16年目の新潟医療福祉大水泳部。昨年12月の日本選手権では男女計5種目で決勝進出者を出したこの注目校を率いるのが、監督の下山好充(49)だ。

2005年、同大の健康スポーツ学科の新設とともに下山が部を立ち上げたときは、わずか7人でのスタート。それが今や社会人を含...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り831文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン