/

ゴルフ畑岡「メジャーV目標」 米参戦の仲間増加を歓迎

女子ゴルフの畑岡奈紗が22日、東京運動記者クラブゴルフ分科会とのリモート取材に応じ、6年目となる来季の米女子ツアーでは「焦るわけではないけれどメジャー優勝を一番の目標にしたい」と語った。

今季は米2勝を挙げたが「スイングがしっくりきたのは1、2試合だけだった。悔しかったのは全米女子オープンのプレーオフに勝てなかったこと」。さっそく来年1月から始まる新シーズンは「1年通してスイングスピードが落ちないようにトレーニングしていく」と、課題の整理はできている様子。

2019年10月に自己最高の3位を記録した世界ランキングは現在6位。来季の目標とするメジャー優勝を果たすことで1位が視野に入る。「世界ランク1位の選手のキャディーは(米ツアーの試合で)ビブスの色が違う。あれをグレッグに着せてあげたいというのはめざすところの一つ」。炎暑の今夏の東京五輪もタッグを組んで戦ったキャディー、グレッグ・ジョンストンさんへの深い思いやりを明かした。

今月の最終予選会で同じ黄金世代の渋野日向子、2学年下の古江彩佳が来季の出場権を獲得した。「ずっと予選会の成績は見ていた。無事に2人とも通ってよかった。2人は十分な成績を持ってアメリカに来るので、みんなでいい成績を残せるように頑張りたい」と、戦う仲間が増えるのを歓迎した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン