/

五輪サッカー日本の初戦、南アフリカ戦は予定通り開催

(更新)
日本戦に向けて調整していたサッカー男子、南アフリカ代表の選手たち=ロイター

東京五輪のサッカー男子1次リーグの日本対南アフリカ戦について、大会組織委員会は22日、予定通り同日午後8時から試合を開催すると発表した。南アは20日までに選手2人を含む3人が新型コロナウイルス検査で感染が判明し、18人が濃厚接触者と判定された。濃厚接触者への試合開始約6時間前の検査結果を踏まえて開催決定を判断した。

濃厚接触者の選手であっても、個室に滞在し練習以外の外出を禁止するなどの条件に加え、試合開始約6時間前の検査で陰性となれば出場を認める方針だった。1チーム18人を上限とする登録メンバーのうち、13人がそろえば試合は成立する。日本対南ア戦は東京スタジアム(東京都調布市)で開催される。

大会運営を統括する組織委の中村英正氏は22日の記者会見で「なんとか試合を安全な形でやっていくことが東京大会の一つの象徴だと感じている」と述べていた。

サッカー、バスケットボール、野球などは対戦相手との接触があるため、6時間前の検査や動線分離といった対策に加え、試合後も検査し、出場選手の濃厚接触者候補のリストを組織委に提出する必要がある。

Tokyo Olympics and Paralympics 特設サイトへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン