/

この記事は会員限定です

JOC、理事会改革急ぐ 東京五輪後に危機感 

[有料会員限定]

日本オリンピック委員会(JOC)が、役員の在任期間を上限10年とする理事会改革を決めた。国が2019年6月に定めたスポーツ団体の運営指針「ガバナンスコード」に対応する内容だが、これにより来年7月の東京五輪開幕を待たずに田嶋幸三副会長ら理事5人が退任する。JOC内ではこの1カ月余り激論が交わされたが、なぜ山下泰裕会長ら執行部は五輪前の改革にこだわったのか。

役員選考規定の改定は17日の理事会で承認さ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1697文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン