/

この記事は会員限定です

ジェンダー平等に大会肥大化 1964年大会から様変わり

[有料会員限定]

2度目の東京五輪は、前回開催だった1964年大会と比較すると、ジェンダー平等や競技の多様化が鮮明となる。

女性選手の比率は48・8%と過去最高で男女がほぼ同数となり、64年大会の13・2%から大幅に増加。64年大会は初採用された柔道のほか、レスリングや重量挙げ、ホッケーやバスケットボールなども男子のみの実施で、女子が参加できたのは全体の半分以下の8競技に限られた。一方、今大会は男女が一緒にプレーす...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り410文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン