/

9年前の中山記念 初の美浦取材の思い出

27日は中山競馬場で伝統のGⅡ、中山記念(芝1800メートル)が行われる。私にとって印象深いレースの1つだ。というのも、2013年にラジオNIKKEIに入社して初めて、美浦トレーニング・センターの取材に行ったのがこのレースの週だったからである。有力馬の1頭と目されていたナカヤマナイトの二ノ宮敬宇調教師(当時)にインタビューをしたのが最初の経験となった。

ナカヤマナイトは名前の通り中山が得意な馬だった。同年の中山記念を前にした時点で、2歳未勝利戦、オープンのディセンバーステークス、GⅡのオールカマーと中山で3勝し、2着が2回。中山で3着以下だったのは、直前の有馬記念(7着)の1度だけという相性の良さだった。有馬記念に比べて相手関係が楽になっていたこともあり、争覇圏内と見られていた。

一方、ナカヤマナイトを管理する二ノ宮調教師は、1998年のNHKマイルカップとジャパンカップを制し、翌99年には果敢にフランス遠征に挑み凱旋門賞で2着と健闘したエルコンドルパサーや、2010年の宝塚記念を制し、同年の凱旋門賞で2着に入ったナカヤマフェスタなど数多くの名馬を輩出していた。

中学から高校時代にかけてエルコンドルパサーの走りに感銘を受けていた私は、二ノ宮調教師が最初のインタビュー対象だということで、緊張というよりは高揚感に包まれていた覚えがある。どんな人物なのだろうという興味もあった。

余裕の名伯楽、慌てていた私

実際、目の当たりにした二ノ宮調教師は報道陣やテレビカメラなどを前にして、照れくさそうな様子を見せていた。どちらかと言えば、「インタビューに答えるほどのことは特にないよ」と言いたげな雰囲気にも見えた。調教師へのインタビュー経験がなかった当時の私、気難しい調教師も中にはいるという噂を聞いていた。何も答えてくれなかったらどうしよう……。突然不安に駆られた。

そんな中で始まったインタビュー。しかし、不安は一瞬にして杞憂(きゆう)に終わった。二ノ宮調教師はスイッチが入ったかのように堂々と話し始めた。まるで競馬中継の解説者がスラスラと話すかのようだった。そこは数々のGⅠ馬を送り出した名伯楽。何度も同じようなインタビューに応じてきたからだろうか、もはや朝飯前なのだ。今にして思えば、照れくさそうなしぐさは余裕の表れだったのだと思う。慌てていたのは、経験のない私だけだった。

中山記念当日、ナカヤマナイトは2番人気に推された。レースはシルポートが後続を大きく引き離す、やや速いペースの逃げで始まり、ナカヤマナイトは中団の外を回っていた。勝負どころから徐々に上がり、4コーナーでは4番手。直線に入ってもシルポートとはまだ10馬身近い差があった。残り約50メートル。逃げるシルポート、2番手から差を詰めるダイワファルコン、追い上げるナカヤマナイト、3頭の馬体が重なる。しかし、ゴール寸前でナカヤマナイトが首差でとらえ切って優勝。重賞3勝目、中山では4勝目。結果的にこれがナカヤマナイトにとって最後の勝利となった。

初インタビューの相手となった陣営が勝利するという、こちらにとってもうれしい瞬間だった。しばらくは「取材した甲斐(かい)があった」と感慨深い思いをしていた。多少とも経験を積んだ今は、そういう感情が薄れてきたが、今こそ原点に返って、そんな新鮮な気持ちで取材に臨まなければいけないのかもしれない。

「最後」は厳禁、二ノ宮調教師から教わったこと

ちなみに、インタビューを始める直前に簡単なご挨拶をさせていただいた際、二ノ宮調教師から「『最後に』という言葉は使わないようにね」とくぎを刺された。インタビューを締めくくる際、よく「それでは最後に意気込みをお願いします」という紋切り型の質問をすることがあるが、「最後」という言葉を気にしていたのである。勝負の世界に身を置く調教師にとって「最初」や「一番」は縁起が良いが、「最後」という言葉は縁起が悪いのだろう。

験を担いででも勝利が欲しい。それほど勝利と敗北は紙一重……。厳しい競馬の世界を初めて知った瞬間だった。それ以来、「最後に」という言い回しはしないように心掛けている。そもそも「意気込みをお願いします」という問いかけを嫌う調教師も中にはいる。確かに要領を得ない漠然とした質問で、注意する必要がある。

こうした細かい点を、キャリアが少ない時点で知ることができたのはとてもありがたいことだった。毎年この時期になると思い出す、初のトレーニングセンター取材。こちらが思っていた以上に得るものが大きかったのかもしれない。

(ラジオNIKKEIアナウンサー 米田元気)

各アナウンサーが出演、ラジオNIKKEIの競馬番組はこちらでチェック! http://www.radionikkei.jp/keibaradio2/

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン