/

この記事は会員限定です

メダル有望種目はどれも混戦 鍵握る初日の泳ぎ

千里眼 競泳・高橋繁浩

[有料会員限定]

日本のメダル有望種目はいずれも混戦、男女エースが出る初日がカギだ。男女400メートル個人メドレーで瀬戸大也は金、大橋悠依はメダル獲得で勢いづけてほしい。予選の初日は感覚を確かめつつメダル獲得に手ごたえあるレースをすることだ。

今季の男子400個メは4分9秒台に5人いるが、瀬戸のベストは4分6秒09。7~8秒台の争いならついてくる選手がいるが、6秒台になればケイリシュ(米国)くらい。予選から「強い」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り678文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン