/

始まったプロ野球生活 新人選手たちが感じた驚き

横浜DeNAベイスターズ広報 丸形佳之

1月7日、2021年秋のドラフト会議で指名された支配下6人、育成3人の新人選手計9人が横浜DeNAベイスターズのファーム施設「DOCK OF BAYSTARS YOKOSUKA」(神奈川県横須賀市、通称「DOCK」)にある選手寮「青星寮」に入寮しました。そして翌日からは新人合同自主トレが始まり、いよいよプロ野球選手としての生活をスタートさせました。今回のコラムでは、入寮して約2週間が経過した彼らの生活ぶりや新人合同自主トレで感じた驚きについてご紹介させていただきます。

29日までの日程で行われている新人合同自主トレのプログラムは4勤1休(4日間練習して1日休み)です。DOCK内のウエートルーム、室内練習場、グラウンドの3カ所を使って、コンディショニングと呼ばれるストレッチや筋力トレーニングなどのメニューをはじめ、ノックやティーバッティング、バント練習などが行われています。

ドラフト1位の小園健太選手をはじめ、高卒で入団した選手の多くが感じたプロの練習での驚きは「姿勢」だと言います。

小園選手「これまでは自分のなかで『重量に対してのキツさ』を感じながらトレーニングをしてきたことが多かったです。新人合同自主トレでは、まず姿勢を正した状態で意識してトレーニングをしています。重量としての負荷はあまりないのですが、今までにはなかった『体に効いている感じ』があります」

青星寮は19年7月に新設された若手向けの選手寮です。42室あり、選手やコーチの要望を取り入れ、目的に応じたトレーニングフロアや共用リビング、多目的スペースなどがあります。また、施設名称の「DOCK(船渠=せんきょ)」のイメージに基づく深みのある青のレンガ調の外観壁面など、空間デザインの細部まで趣向を凝らした作りになっているんです。

特に選手たちからは「食事がおいしい」という声が多く聞かれます。青星寮で腕を振るう料理長は、もともと横浜にあるホテルやレストランなどでシェフとして活躍していた人物なんです。

夜はステーキや新鮮な刺し身など豪華な食事が提供されるほか、昼食にはすき焼きやラーメン、ベトナムの麺料理「フォー」などが出ることも。さらには北海道の「ちゃんちゃん焼き」や宮崎の「チキン南蛮」といった地方出身選手たちの郷土料理、外国人選手の母国料理など、非常にバラエティーに富んだ食事を提供して選手をサポートしています。

「ランチタイムにカレーとナンが出たときには、昼食でナンが食べられるんだと驚きました」と小園選手。夜ご飯もおいしいものばかりで毎日写真で記録しているそうです。

ドラフト2位の徳山壮磨選手は常備されている「補食」について話してくれました。

徳山選手「練習の合間など、おなかが空いた際にいつでも食事が取れるというのは、非常にありがたいです。昼食後の全体練習が落ち着いたタイミングでサンドイッチ、おにぎり、チーズ、ヨーグルトの4点セットを補食として食べ、その後に自主練習を行ってから夕食という一連の流れがルーティンになっています。昼食と夕食の間のタイミングで補食が取れるのは非常にありがたいですね」

プロ野球選手として練習を始めた新人選手はファンの方の熱い視線と周りの先輩選手たちの体つきにも驚いた様子でした。ドラフト3位指名の粟飯原龍之介選手とドラフト5位の深沢鳳介選手は、ファンの方が毎日練習を見に来てくれていること自体が初めての経験だったといいます。

粟飯原選手「大会にお客さんが来ていただくことはこれまでもあったのですが、日々の練習でたくさんのファンの方が毎日来てくれるということに最初は驚きました」

深沢選手「自分もファンの方が毎日見学に来てくださっていることに驚きましたし、キャッチボールでボールを投げる瞬間にたくさんのシャッター音が聞こえることも今までありませんでした。『これがプロ野球選手なんだな』と感じた瞬間でした」

これまでは先輩のプロ野球選手とじかに触れ合うこともあまりなかった新人選手たち。高卒ルーキーの粟飯原選手はとある先輩選手の体を間近で見て衝撃を受けたそうです。

粟飯原選手「青星寮で初めて大田泰示選手に会った際は体つきに驚愕(きょうがく)しました。体全体の厚みや大きさがテレビなどで見ていたイメージよりもはるかに大きく、特にふくらはぎの筋肉が太もものようなサイズだったことが印象的でした。近くにいた深沢選手と一緒にとても驚きました。同じ舞台に立つ選手として、自分も練習を頑張りたいと思いました」

まだまだ始まったばかりのプロ野球選手生活。先輩選手たちのようにトレーニングを積み、次のルーキーたちに驚かれるような選手へ成長することへの決意を語ってくれました。

新人合同自主トレはDOCKの一部エリアでご見学いただけますので、お近くへお越しの際は足を運んでみてはいかがでしょうか。新人選手の1年目のシーズンは2月1日のキャンプイン、そしてオープン戦へと続いていきます。彼らの今後の成長にご注目ください。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

プレーボールの舞台裏

横浜DeNAベイスターズの広報がプロ野球の裏方として日々奮闘する人たちにスポットライトを当てるコラム「プレーボールの舞台裏」です。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン