/

この記事は会員限定です

トップの基準 次世代に示す

フロンターレ リレーションズ オーガナイザー 中村憲剛

[有料会員限定]

元日の天皇杯決勝を最後に選手生活に別れを告げた。川崎フロンターレの後輩たちと優勝カップを頭上に掲げた後で考えた。さて、自分はこの先どこへ向かおうか。

選手なら「来季の目標はタイトルです」で済むけれど、いま目の前にある道は一つじゃない。サッカーの指導と普及、解説、社会貢献活動。どれも興味があるし、これから関わる仕事の一つ一つで成果を上げながら、本当にやりたいものを見つけたいと思っている。

指導者志望...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1044文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン