/

この記事は会員限定です

プロ野球監督5年 育てたコミュニケーションの芽

DeNA前監督 アレックス・ラミレス

[有料会員限定]

昨年までの5年間、DeNAの指揮を執った。日本のプロ野球で監督になるのは巨人でプレーしていた頃からの夢だった。しかし就任して最初に感じたのは、思い描いていた仕事と現実のギャップだ。

何より驚いたのは、監督はすべて自分の好きなようにチームを動かせるとは限らないということだ。就任前、自分が監督になったらこうしたいという様々な構想を抱いていた。だがそれらの実現には、予想以上に多くのハードルがあった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り932文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン