/

この記事は会員限定です

ボクシングの寺地拳四朗、新スタイルで涙の王座奪還 

[有料会員限定]

3月19日に京都市で行われた世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級タイトルマッチで前王者の寺地拳四朗(BMB)が王者の矢吹正道(緑)を3回KO勝ちで破り、昨年9月に同じ対戦で失った王座を奪還した。寺地は前回対戦でジャッジに評価されなかった従来の戦い方をがらりと変え、生まれ故郷の京都で新境地を切り開いた。

「みんな僕のスタイルにびっくりしたでしょう?」。右ストレートで矢吹を鮮やかにリングに沈...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り806文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン