/

この記事は会員限定です

日本勢、悲願の初Vなるか 凱旋門賞3日発走

[有料会員限定]
欧州競馬の最高峰、第100回凱旋門賞(仏GⅠ、芝2400㍍)は3日(日本時間同日深夜)、パリロンシャン競馬場で行われる。フランスの第1次世界大戦勝利を記念して1920年に創設された伝統の一戦は、第2次大戦による2度の中止を挟み、今回が100回目の節目。日本勢はクロノジェネシス(牝5)と、ディープボンド(牡4)の2頭が参戦し、欧州の強敵を相手に悲願の初優勝を目指す。当日は国内でも、日本中央競馬会(JRA)が馬券を発売する。
(関根慶太郎、野元賢一) ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2629文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン