/

この記事は会員限定です

オープン戦打率6割!? 大谷、バットも本領発揮へ

スポーツライター 杉浦大介

[有料会員限定]

4月1日の開幕が近づき、メジャーリーグのオープン戦も終盤に差し掛かっている。各チームの選手たちもそろそろエンジンがかかり始める時期。昨季は不振に終わった日本人野手勢では、二刀流を復活させるエンゼルスの大谷翔平が春から猛然と打ちまくっているのが目を引く。

低反発球でも30本塁打は夢ではない

大谷は20日までオープン戦の8戦に出場し、なんと打率6割(20打数12安打)、4本塁打、7打点。3日のレンジャ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1387文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン