/

この記事は会員限定です

日本初SDGsアリーナ、神戸港に 「海の豊かさ」守る

SDGsとスポーツ㊦

[有料会員限定]

神戸・三宮から徒歩圏にあるウオーターフロント。街の新たな顔となる地域に2024年、新たなスポーツ施設ができる。売り文句は「日本初のSDGs(持続可能な開発目標)アリーナ」である。

収容1万人の「KOBE ARENA(コウベアリーナ) 2024」(仮称)は、バスケットボールBリーグ2部・西宮の本拠地となる。システム開発のスマートバリューとNTTドコモなどが建設、運営をする「民設民営」の仕組みでも注目されるが、もう一...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り924文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン